【徹底解説】エネルギー管理士勉強法・オススメ参考書

エネ管 参考書エネルギー管理士

「エネルギー管理士を試験で取得したい」

「おすすめの参考書や、勉強方法を知りたい」

こんな方に向けて記事を書きました。

どーも、つねです!

私は2020年度にエネルギー管理士の電気分野を四科目を一発合格しました!

また、電験三種は2019年度に一発合格しました!

エネルギー管理士の試験の概要については以前の記事でまとめていますので、

合わせてご覧ください。

【徹底解説】エネルギー管理士とは?電験2.5種って本当?

今回はエネルギー管理士の電気部門の勉強法とオススメ参考書について紹介します。

エネルギー管理士電気部門

四科目を合格することでエネルギー管理士の資格を取得できます。

熱分野で合格しても、電気分野で合格しても

エネルギー管理士という同じ資格を取得できます。

電気分野の科目は以下四科目です。

科目Ⅰ:エネルギー総合管理及び法規

電験三種と異なる分野なので、新たに勉強する必要があります。

勉強法は、以下記事でも紹介していますが、問題の傾向をつかむために過去問を一周。

次に参考書を一周読んで再度過去問演習に入りましょう。

電験三種の法規科目と異なり、問題が素直です

【合格体験記】電験三種一発合格のスケジュール

科目Ⅱ:電気の基礎

電験三種を合格できる知識があればいきなり過去問演習でOKです。

電験三種でいう理論科目です。制御工学では微分方程式を解く必要がありますが、

ラプラス変換の公式を暗記すれば楽勝です!

科目Ⅲ:電気設備及び機器

電験三種でいう、電力と機械科目を合わせたような問題がでます。

問題の難易度は電験三種と変わりません。

電験三種の参考書とを引っ張り出して、復習感覚でよいと思います。

科目Ⅳ:電力応用

一番難しい科目です。電験三種の機械科目の応用版と思ってください。

電動力応用に加え、電気加熱、電気化学、照明、空気調和の四分野から

二分野を選択式になっているのも特徴です。

オススメ参考書

電験三種でベースはできているので、四科目の要点を一冊にまとめた参考書をオススメします。

電験界隈では有名な不動弘幸さんが執筆されたもので、ポイントがまとめられています。

試験会場にいけば、ほぼ皆さんこの参考書をもっていましたw

過去問は安心のオーム社のものを使用しました。10年分入っています。

電気書院のものは12年分入っています。中身に大きな差はないです。

12年も前になると傾向も変わっていますし、繰り返し解くのがおっくになるので、

私はオーム社の過去問を使用しました。

以上、エネルギー管理士電気分野のオススメ参考書について紹介でした。

皆様の一助になると幸いです。

関連記事も合わせてご覧ください。

【徹底解説】エネルギー管理士は電験2.5種?難易度は?

【オススメ資格】エネルギー管理士の将来性

コメント

タイトルとURLをコピーしました