【徹底解説】電験二種認定をうけるための2つの条件

電験認定取得条件資格

「実務経験を積んだので電験二種の認定取得に興味がある」

「電験二種の認定の条件を満たしているか知りたい」

どーも、つねです。

今回は電験二種の認定取得について調べたので紹介します。

私の職場には、電験二種を認定で取得した方が3名いるので、

経験者から聞いたことを交えて説明します。3部構成でまとめています。

STEP1:認定を受けるための条件

【徹底解説】電験二種認定取得の申し込み方法!

【体験談まとめ】電験二種認定取得の面談

2021年10月に面談を行い、申請の許可をいただけたので、こちらの記事もご覧ください。

【徹底解説】電験二種認定取得の面談について

つね
つね

今回はSTEP1の認定を受けるための条件について、まとめました

一次情報

以下、5サイトを参考にしました。

第二種電気主任技術者の資格取得フロー(電気技術者センター)

学歴又は資格及び実務の経験の内容(日本電気技術者協会)

電気保安関係国家資格の申請の手引き(関東東北産業保安監督部)

電気事業法の規定に基づく電気主任技術者認定校一覧(経済産業省)

電気主任技術者認定基準に規定する授業科目及び履修単位(規定単位例:九州大学)

電験二種の認定を受けるための条件

下記表にまとめました。認定を受けるにはパターンが2つあり、

学歴or電験三種と実務経験が必要です!

電験認定条件

■パターン①認定校+規定の単位取得+実務経験の場合

①ご自身の出身校が、認定校かどうか確認しましょう。

電気事業法の規定に基づく電気主任技術者認定校一覧(経済産業省)

②認定校であれば、規定の単位を取得しているかどうか、

ご自身の大学のHPで確認しましょう。

以下、私の出身の九州大学の規定単位について例で紹介します。

電気主任技術者認定基準に規定する授業科目及び履修単位

現在、電気系の学生の方は、

電気主任技術者が必要な仕事をするかどうかは別として、

必ず、規定単位を取得するようにしましょう!

電験の威力は学生時代はなかなかわからないものです。

後で泣いても遅いので、だまされたと思って、備えておきましょう!

(規定単位が足りない場合、その不足単位に該当する一次試験に

 合格すればその単位を修得したとみなされます!)

③実務経験を確認しましょう

電圧1万V以上の電気工作物の工事、維持、又は運用の経験が必要です。

大卒であれば3年、高卒、短大卒であれば5年必要です。

私は大卒で、2021年の7月で

3年の実務経験(66kVの電気工作物の運用)になり、

認定について、調べています。

試験と並行して、認定も申し込もうと考えています。

■パターン②電験三種+実務経験の場合

こちらは学歴等は不要で、電圧1万V以上の電気工作物の

工事、維持、又は運用の経験が5年必要です。

認定の申し込み方法についてもまとめているので

是非見てくださいね。

STEP2:認定の申し込み方法

STEP3:認定の実情・経験談

コメント

タイトルとURLをコピーしました